暗記学習に最適な時間帯とは

on

学習にはリズムが必要です。
と言っても音楽を聞きながら勉強するなどという話ではなくて、日々の学習習慣の中でそれぞれの勉強をする時間というものを明確に分けて続けたほうが、効率がアップするという話です。

例えば、よく中高生のテスト前などになると前日夜に徹夜で必死に単語や語句を覚えようとするけれど、その割にはテストでの点数が伸びないという話を聞きます。

「○時間も頑張ったのに……」と言っても結果が出なければ非常にもったいない時間になってしまいますよね。
そうなるとやはり日々の勉強習慣が大事になってくる訳ですが、勉強するにも最適な時間帯というものが存在します。

例えば、理科や社会といった暗記を重点的に行うような科目は就寝前に行うのが良いでしょう。
短期記憶として頭に入った情報が、寝ている間に脳の中で整理され、長期記憶として残りやすいからです。

目安としては30分~1時間、毎日寝る前に習慣づけてみてください。
もちろん、非常に眠いのに無理をして行う必要はありません。

疲れているとただただテキストを眺めるだけになってしまいますので、その場合は「この1ページだけは絶対に覚えよう」という意気込みで読むと、少しでも効果は出ると思います。
が、疲れているからやらないとなってしまっては意味がありませんので必ず継続することを意識しましょう。